ペットのお葬式の種類

写真

それぞれの特徴やメリット

ペットとのお別れをするペット葬儀が、茨城で注目を集めています。茨城のペット葬儀業者が提供するプランはいろいろありますが、大きく三つのタイプに分かれます。まずは、立ち会い形式のものです。これは、飼い主が葬儀の場に立ち会いとり行われるタイプになります。一般的な人間の葬儀によく似ており、読経、火葬、納骨という一連の流れで行われます。宗派や宗教により内容は変化しますが、ペットを家族の一員とみなし、大切に見送りたい人に合っているプランと言えるでしょう。次に、個別一任型が挙げられます。基本的に、飼い主が立ち会う形ではなく、遺体を受け渡して火葬、納骨という形になります。簡易なタイプであることから、費用を安く抑えることができ、負担はより軽いです。茨城では火葬を終えた後、遺骨を自宅に戻し改めて供養を行う人も多く、自分のやり方でお別れをしたい人に活用されています。最後は、合同ペット葬儀です。このタイプは、他のペットと合同の形で葬儀が行われることが大きな特徴で、家族の立ち会いはなく、そのまま火葬、埋葬されます。かかる費用は最も安く設定されているため、経済的に余裕がない人でも利用しやすいです。どのタイプも、葬儀内容やペットの種類、大きさなどにより、料金は変化します。また、墓地や一周忌などの供養で必要になる費用も考えておかないといけません。いつかは来るペットとの別れに備え、早めに茨城で業者を探し、ペット葬儀の計画をしておくことが大切と言えるでしょう。