合同火葬か個別火葬か

エサ入れ

サービス内容の特徴

ペット葬儀業界は近年ますます広がりを見せています。茨城でも数多くのペット葬儀業者が登場してきており、様々なサービスが展開されています。ペット葬儀業者には様々なところがありますが、ペット葬儀サービスは主に火葬の仕方について大きく三種類に分けられます。一つ目が合同火葬です。合同火葬とは他のペットと一緒に火葬をするもので、固定炉を持っている比較的大型の業者が行うことが多いです。自治体が行うペットの遺体処分も合同火葬の一種といえます。費用は最も安いですが遺骨は返ってきません。茨城でもこのタイプは多いです。二つ目が立ち会い個別火葬です。固定炉、移動式火葬車のいずれでも行われます。移動式火葬車とは、火葬するための設備を積んでいる車のことです。大がかりな設備がなくとも火葬ができるため、費用が安くできるという魅力があります。立ち会いでは、入棺から火葬の見送り、お骨上げまで人間のお葬式同様立ち会います。最も料金は高いですが、きちんとお別れができるため、茨城でも人気の形です。三つ目が個別一任火葬です。これは個別で火葬を行いますが、入棺やお骨上げなどは業者が代行するという形です。遺骨が戻ってきますが、立ち会いはできません。遺骨を手元におけるのですが立ち会い個別火葬より価格が高くないので茨城でも人気があります。どのような形でペットとお別れしたいかや、コストによってサービスを選び分ける必要があります。辛いことですが、生前から業者のめどをつけ、できたら見学や見積もりの取得までしておくといざという時スムーズです。