猫のエサの選び方

餌

この時期の最適なフードは

一昔前は猫のご飯には、いわゆる猫まんまが定番でした。しかし、残飯よりも栄養価が高いものをというフレーズと共にキャットフードが販売されてから、現在はこちらが主流になっています。特に成長段階の子猫の段階では、どのキャットフードを選ぶべきかは重要な問題です。自分の家族の成長にかかわる問題ですから、飼い主からすれば子猫の成長によいものを食べさせてやりたいと思うのが親心でしょう。生き物なので、成長に合わせて食べるものは変えてあげる必要があるのですが、成長途中の子猫なら乾燥肉や乾燥白身魚などの動物性たんぱく質が最適です。これらが主原料のキャットフードは、高たんぱく高カロリーな為子猫の体づくりの土台となってくれます。これに合成添加物無配合で、子猫の細い食堂に合わせて小さく加工してあるキャットフードがべストです。また一般に人間の食べ物は、外国より国産のものが品質が良いとされていますが、ペットのエサは逆なのです。ペットフードは食べ物としては扱われておらず、そのため規制が緩いため本来食べ物として、配合されないはずの材料まで混ざっている可能性があります。対してイギリス、オーストラリアなどの動物愛護先進国や農業大国では、ペットフードも人の食べ物と同じくらい厳重に品質管理されており、添加物に対しても厳しく制限されています。普段国産にこだわる人には違和感を感じると思いますが、愛するペットのためにあえて外国産のペットフードの購入を考えても良いかもしれません。