写真

ペットのお葬式の種類

茨城で見られるペット葬儀プランは、主に三つあります。飼い主が出席し人間の葬式と似た形である立ち会い型は、家族のように見送れます。遺体を業者に引き渡して火葬、納骨してもらう個別一任型、他のペットも一緒である合同型は、費用がより安くすむのが特徴です。かかる費用のことなども踏まえ、早めの準備が大切です。

詳しく見る

遺骨

人気のペット霊園

大阪ではペット葬儀をしてくれる霊園が増えています。ここではペットの葬儀や火葬、供養など全てを行えます。サービス内容は霊園によって異なります。依頼する場合は複数社を比較して、最も希望に合ったところを選ぶことが大切です。

詳しく見る

餌

猫のエサの選び方

子猫の時期は人間の子供と同じで、この時期に食べるもので将来の体の大きさや丈夫さが決まってきてしまいます。飼い主にできることの一つが、その時期に食べてもらうキャットフードを成長や健康、質を考えて選び抜いてたものを与えるということなのではないでしょうか。

詳しく見る

お墓

ペットが亡くなったときは

ペットとは家族同然の付き合いをするようになっています。現在ではペットが亡くなったときにもペット葬儀を行なっています。茨城県にはペット葬儀を行なっている業者があるので、ペットが亡くなったら連絡をしましょう。

詳しく見る

猫と女性

業者によって価格に違い

大阪には数多くのペット葬儀業者が存在します。費用は火葬のみの場合には10,000円前後が相場と言えます。自身がどのような葬儀をしたいかによって、選択する業者に違いがでてきます。また、数あるペット葬儀業者の中から信頼のおける業者を探し出すためには、口コミや評判を参考にしましょう。

詳しく見る

餌

猫のエサについて

現在ペットとして猫を飼っている人も少なくないのですが、もしも飼っているのが子猫の場合にはキャットフードに注意が必要です。近年では各メーカーが子猫用のキャットフードを販売していますが、それぞれの特徴を確認してから選ぶ事が重要だと言えます。

詳しく見る

エサ入れ

合同火葬か個別火葬か

ペット葬儀は茨城でも業者が増えてきていますが、サービス内容は様々です。主に火葬方法により差があり、合同火葬、立ち会い個別火葬、個別一任火葬の三種類に分けられます。事前にめどをつけ、見積もりをもらったり見学をしたりしておくといざという時スムーズです。

詳しく見る

ペットのエサについて

ペットフード

購入時に注意すること

猫の健康を保つためには、日頃から食生活に気を配ってあげる必要があります。そのためキャットフードを購入する際には、その品質について細心の注意を払うことが大事です。固形物を食べ始めたばかりの子猫の場合は特に繊細なため、安全で安心なキャットフードを選ぶようにします。それでは、子猫の健康と生育のためにどのようなキャットフードを選んであげれば良いのでしょうか。以下に購入時の注意点を説明します。生まれて半年以内の子猫は、体の生育のために沢山の栄養素を必要とします。そのため、キャットフードの購入時には栄養素がバランス良く配合された商品を選ぶ必要があります。子猫にとって特に大事な栄養素は、タンパク質と脂質です。タンパク質については、良質なササミやマグロ由来のキャットフードが安心です。体の器官が未発達の子猫にとって、添加物ばかりのキャットフードは健康を害する食べ物です。そのため、保存料や着色料などの添加物が入っていないキャットフードを選ぶようにします。また肉食の猫にとって米や麦などの穀物は消化することが難しいため、これらの原料が配合されたキャットフードは避けなければなりません。原材料については、パッケージの裏面に詳細に記載されています。いくら栄養面や安全面で配慮しても子猫の口に合わなければ意味がありません。子猫の嗜好を探るために便利なのが、少量のお試し商品です。これらを何種類か購入しておくことで、子猫の好きな味のキャットフードを見つけることができます。